すみろぐ_Sumi-Log_

ゲーム(音ゲーメイン)やネットを巡回しながら運営中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Diary 59

友達から先生にもらったプリントとやらを見せてもらいました。

MAらしいですが・・・
◎クルト・ゲーデルの不完全性定理

次の文章のパラドックスを説明せよ。

散髪屋さんが1人しかいない町がある。
この散髪屋さんは、すべての男の髭を剃るが、自分で剃らない人だけを剃る。
どうやらこれは第一不完全性定理のようですね。
証明も反証もできないもののようです。

これ、つまりパラドックス(証明できないこと、矛盾が生じること)を説明しろとのことです。


恐らくは、0の0乗やゼロ除算のように、定義されない数としてみればできる気がします。

0の0乗、つまり0^0は、いわゆる「定義されない数」と呼ばれます。
普通、a^0=1と数学的には約束されますが、これはa≠0の場合です。
なぜなら、a^0=a^1×1/a^1=a^(1-1)=1であるからです。
この式のaに0を代入すると、こうなります。
0^0=0×1/0
ここで、ゼロ除算が登場します。
通常、ゼロで割った数というのは、定義されない数です。
なぜなら、存在しない数でその数を割っているからです。
x個のものを0人に分けるとした場合、
答えとしてはx/0となりますが、その「もの」を分ける人自体がいないので、答えは存在しません。

ということで、定義されない数と0を掛けたところで、結局は定義されない数になります。
そもそも、存在しない数を存在しない数の分だけ掛ける、といわれても説明できませんしね。

ちなみに、電卓等で0^0などと入力するとERROR!!と出るはずです。
0^0=1と設定されている場合もあるようですが。


こんな感じでゲーデルの不完全性定理が説明できる・・・はずです。
関連記事
  1. 2010/09/06(月) 00:28:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Diary 60 | ホーム | Movie 4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smix6hrc32k.blog27.fc2.com/tb.php/140-705e6373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター

プロフィール

SMIX

Author:SMIX
しがない大学生。
音ゲーマーです。その他諸々のゲームも嗜みます。
天文同好会で星見てます。

リンクフリー、ブロともフリーです。
詳しくはこちら↓

このブログについて
ポケモン育成リスト

▼メールアドレス
m2b.hrc.18sp5☆gmail.com (☆:@)

▼更新情報(2015.12.22.)
記事更新。 → 2015.12.20./2015.12.22.

▼ブログランキング
 
にほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ

リンク

カテゴリ

日記 (276)

ゲーム (30)

ポケモン (45)

音ゲー (236)

ダンおに (28)

テレビ (12)

理系教科メモ (8)

ニュース (6)

動画 (13)

その他 (23)

未分類 (0)

タグクラウド


RSS

最新コメント

最新トラックバック

年別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

Powered by FC2

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。