すみろぐ_Sumi-Log_

ゲーム(音ゲーメイン)やネットを巡回しながら運営中。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【SDVX III】PART 16

[PUC] 13 → 14
[LV15 AAA] 144 → 147 (/165)
rokuchonen_p.pngdecretum.png
六兆年と一夜物語[EXH] PUCDecretum[EXH] AAA
growth_memories.pnghozuki.png
Growth Memories[EXH] AAAほおずき程度には赤い頭髪[EXH] AAA

珍しく前回の記事からそれほど経たずに更新です。
なんと、前回の記事を書いてからすぐこれだけ進捗を生んでしまったので。せっかくなので、記事に残しておきます。
LV15のAAAが一気に3つ増えて(というかようやく決着がついて)、LV15のAAAが150に近くなりました。
150個台に乗ればかなり安心と言いますかなんと言いますか、まあ「うまくなったな」みたいな感覚が出てきますね。
冷静に考えて「LV15 AAA 150個」ってヤバくないですか!?
(ここまで挨拶)

さて、最近はTwitterで「この譜面PUCしたいなあ」みたいなのをぼやいていたりします。
六兆年EXHはその一つでした。ツイートした次の日に試してみたら一発でPUC出ちゃったんですね。びっくり。
それ以外にも色々挙げてましたが、あと一歩が足りなさそう。macaronはいけると思うんですが...。
他に、ませまてぃっくが2NR UC出てしまったので、いわゆるになりました。
ちなみに、六兆年EXHがLV14初のPUCになりました。Wave of Crazeとかが最初かなあと思ってましたが...。

んじゃ、UC報告だけして今回はこれで終わりましょう。UCもだいぶ増えてきました。300個目標とか言ってた頃が懐かしい。
[UC] 360 → 361
・LV14 macaron[EXH]:NR6

今回はここまで。そろそろリントヴルムとかgood high school[INF]とか仕留めたいですね。
ガチ鍵盤とガチツマミ。勘弁してほしい。
スポンサーサイト

テーマ:BEMANI - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/07/29(水) 23:43:14|
  2. 音ゲー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【SDVX III】PART 15

[LV15 AAA] 139 → 144 (/165)
[LV15 990↑] 41 → 47 (/165)
[LV16 AAA] 2 → 3 (/6)
heartbreak_p.pngfly_to_next_world_p.png
ハートブレイク・ヘッドライン[EXH] PUCFly to Next World (syzfonics Remix)[EXH] PUC
izayoizakura_p.pnggigadelic_kame.png
十六夜桜 -Zakura-[EXH] PUCgigadelic (かめりあ's "The TERA" RMX)[EXH] AAA
are_kore_sore_dore.pngdemetori2.png
あれこれそれどれ[EXH] AAA感情の魔天楼 ~ Arr.Demetori[EXH] AAA
innocent_floor.pngsounds_of_summer99.png
Innocent Floor[EXH] AAASounds Of Summer[EXH] AAA +990↑
hongkong_exh99.pngtrigger_happy_grv99.png
香港功夫大旋風[EXH] 990↑TRIGGER★HAPPY[GRV] 990↑
crack_traxxxx99.pngfks99.png
Crack Traxxxx[EXH] 990↑F.K.S.[EXH] 990↑
kirakira_time99.pngmax_burning_inf.png
きらきらタイム☆[EXH] 990↑Max Burning!![INF] AAA

前回の記事から約一ヶ月経ちました。一ヶ月の収穫としてはこんな感じ。
自分にしてはまあまあお上手だったかな。まだ納得してないリザルトもいくつかありますけど。
PUCやLV15の990↑が増えてるし、少し精度は安定してきたような気がします。

さて、この一ヶ月の間にLV15がいくつか追加されました。
全部やってみた結果、 INF-B 《L-aste-R》 だけが未AAAで残りました。こいつだけはマジで無理です。
すべてが難しすぎる。自己ベは965でストップしてます。ハードすらついてません。

今回の収穫でダントツで嬉しかったのが、 Max Burning!![INF] AAA でした。
EXHが初めてAAA乗ったときもかなり嬉しくて、「ボルテやっててよかった」とまで思っていたものです。
INFでもそれは例外でなくて、「自分でも最高難易度でAAAを出せる」ことを改めて実感させてくれたリザルトです。
次に嬉しかったのはF.K.S.990↑とgigadelic(かめりあ)AAAあたりですかね。
前者は色々思い入れがある曲です。後者は普通に難しかったので、ってとこでしょうかね。

この調子でボルテ頑張っていけたらいいですね。
ようやく暴龍天自己ベ170%になったので、ワンチャン後光暴龍天になれるかも?
まあ、安定してないので、今の間はかなり難しいんですけど。

[UC] 352 → 360
・LV11 dream control[EXH]:NR1
・LV13 Innocent Eyes[EXH]:NR4
・LV13 The Wind of Gold (飛翔鳶 Remix)[EXH]:NR8
・LV14 In The Breeze[EXH]:NR17
・LV14 New Days[EXH]:NR13
・LV14 Twin Blaster[EXH]:NR15
・LV14 ロンロンへ ライライライ![EXH]:NR12
・LV15 無双[EXH]:NR16
新曲を中心に繋いでいく。実は無双が繋がってました。さすがにビビった。
LV15のUCは5個目です。この調子で高難易度をバンバン繋いでいきたいですね。

では、今回はこの辺で。
EXH+INF+GRVで未AAA24。これが10台まで減るとかなり...。頑張ろう。

テーマ:BEMANI - ジャンル:ゲーム

  1. 2015/07/26(日) 22:32:20|
  2. 音ゲー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

解析力学メモ②:コマの問題

今回は,ある一点を支点として回転するコマの運動について考える.
この問題で最後に得られる微分方程式は,今の自分では解けないため,とりあえずそこまででメモは打ち止め.

☆今回用いる一般化座標
一般化座標は,今回は直交座標ではなく,オイラー角を用いる.
なぜなら,コマは支点を通る鉛直線まわりにも回転するし,支点とコマを結ぶ動径まわりにも回転する.
この回転運動を扱うには,直交座標は難しくなりすぎる.
コマが剛体であることも考えると,オイラー角を一般化座標に選ぶのが都合がよさそうだからである.

さて,オイラー角φ,θ,ψを一般化座標に選んだ.
先に述べた通り,コマは回転運動をしているから,慣性主軸まわりの角速度を一般化座標で表したい.
直交座標系O-xyzから回転座標系O-ξηζに変換するには,以下の手順を踏む.
 ①z軸まわりにφ回転(x軸→x'軸,y軸→y'軸)
 ②y'軸まわりにθ回転(x'軸→x''軸,z軸→ζ軸)
 ③ζ軸まわりにψ回転(x''軸→ξ軸,y'軸→η軸)
ω_(z)=φ',ω_(η)=θ',ω_(ζ)=ψ'である(φ,θ,ψのプライムはドットのことである)から,慣性主軸まわりの角速度をまとめて書くと,
\[ \begin{eqnarray*}
\left( \begin{array}{ccc} \omega_{\xi} \\ \omega_{\eta} \\ \omega_{\zeta} \end{array} \right) &=& \left( \begin{array}{ccc} \cos\psi & \sin\psi & 0 \\ -\sin\psi & \cos\psi & 0 \\ 0 & 0 & 1 \end{array} \right) \left( \begin{array}{ccc} -\sin\theta & 0 & 0 \\ 0 & 1 & 0 \\ \cos\theta & 0 & 1 \end{array} \right) \left( \begin{array}{ccc} \dot{\varphi} \\ \dot{\theta} \\ \dot{\psi} \end{array} \right) \\
&=& \left( \begin{array}{ccc} \dot{\theta}\sin\psi-\dot{\varphi}\cos\psi\sin\theta \\ \dot{\theta}\cos\psi+\dot{\varphi}\sin\psi\sin\theta \\ \dot{\varphi}\cos\theta+\dot{\psi} \end{array} \right) \tag{3.1}
\end{eqnarray*} \]
となる.

☆ラグランジアンを求める
一般化座標を決定して,回転座標系に関する角速度を求めたのはいいが,うまく座標軸を決定したい.
今回は,支点とコマの中心を通る半直線(いわゆるコマの軸である)をζ軸としよう.
こうすると,コマの対称性から,慣性乗積はすべてゼロになる.また,ξ軸まわりの慣性モーメントとη軸まわりの慣性モーメントが等しくなる.
ξ軸,η軸まわりの慣性モーメントをI_1,ζ軸まわりの慣性モーメントをI_2とすれば,運動エネルギーKは,
\[
K=\frac{1}{2} \left[ I_1(\omega_{\xi}^2+\omega_{\eta}^2)+I_2\omega_{\zeta}^2 \right] \tag{3.2}
\]
となる.コマの質量をM,コマの重心が最下点からlの位置にあったとすれば,ポテンシャルエネルギーUは
\[
U=Mg\ell\cos\theta \tag{3.3}
\]
となるから,(3.2)(3.3)より,ラグランジアンは
\[
{\cal L}= \frac{1}{2} \left[ I_1(\omega_{\xi}^2+\omega_{\eta}^2)+I_2\omega_{\zeta}^2 \right]-Mg\ell\cos\theta \tag{3.4}
\]
である.さらに,ここに(3.1)を代入して整理すれば,
\[
{\cal L}= \frac{1}{2} \left[ I_1(\dot{\theta}^2+\dot{\varphi}^2\sin^2\theta)+I_2(\dot{\varphi}\cos\theta+\dot{\psi})^2 \right]-Mg\ell\cos\theta \tag{3.5}
\]
となる.

☆循環座標とホロノミックな系
さて,ここで,一般化運動量を考える.
(3.5)より,ラグランジアンにはφおよびψは含まれていない.
したがって,φおよびψは循環座標となる.つまりp_φおよびp_ψは定数となる.
\[ \begin{align*}
p_{\varphi} &= \frac{\partial {\cal L}}{\partial \dot{\varphi}}=I_1\dot{\varphi}\sin^2\theta+I_2(\dot{\varphi}\cos\theta+\dot{\psi})\cos\theta=a \ ({\rm const.}) \tag{3.6} \\
p_{\psi} &= \frac{\partial {\cal L}}{\partial \dot{\psi}}=I_2(\dot{\varphi}\cos\theta+\dot{\psi})=b \ ({\rm const.}) \tag{3.7}
\end{align*} \]
また,この問題ではコマは剛体として扱っているから,つまりはホロノミックな系である.
したがって,ラグランジアンには時間tは含まれない.このとき,エネルギー保存則K+U=E(const.)が成立する.
つまり,(3.1)(3.2)(3.3)より,
\[
\frac{1}{2} \left[ I_1(\dot{\theta}^2+\dot{\varphi}\sin^2\theta)+I_2(\dot{\varphi}\cos\theta+\dot{\psi})^2 \right]+Mg\ell\cos\theta=E \tag{3.8}
\]
となる.

☆θの微分方程式を求める
さて,ここまで来れば,もうすぐゴールである.
ラグランジアンにはφとψの項がないことがすでに分かっている.
また,(3.6)(3.7)によって,φ'とψ'は定数で表せる.したがって,(3.8)をθ'とθのみに書き下すことが可能である.
実際に書き改めてみると,
\[
\frac{1}{2}I_1\dot{\theta}^2+\frac{1}{2}(a-b\cos\theta)+\frac{b^2}{2I_2}+Mg\ell\cos\theta=E \tag{3.9}
\]
となった.これはθ'とθしか一般化座標が含まれていない微分方程式である.
この微分方程式は,たとえば
\[
\frac{d\theta}{dt}=f(\theta) \tag{3.10}
\]
という風に書けたとすれば,両辺を積分する,すなわち
\[
\int\frac{d\theta}{f(\theta)}=\int dt \tag{3.11}
\]
によってθ(t)を求めることができるが,今回は楕円関数などを用いる必要があり,容易に解くことはできない.

現状では,ここをゴールとしておく.
解けるようになったら,また別の記事で再び触れるかもしれない.忘れないようにメモ,ということにしておこう.

テーマ:物理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015/07/21(火) 05:24:16|
  2. 理系教科メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

解析力学メモ①:二重振り子

2個の質点m_1, m_2(順に質点1, 2とする)がそれぞれ長さl_1, l_2の重さが無視できる糸で吊るされている.
l_1, l_2がそれぞれ鉛直線となす角をθ_1, θ_2(いずれも微小角)とする.
この微小振動の運動を調べたい.

☆座標変換
ラグランジアンを考えるときは,座標系に依らない.
よって,直交座標系では少々難しくなるため,極座標系で考える.
ただし,糸の長さは固定されていることに留意する.
質点1,2の座標をそれぞれ(x_1, y_1),(x_2, y_2)とすると,
\[ \begin{align*}
x_1 &=& \ell_1\sin\theta_1 , \ y_1 &=& \ell_1\cos\theta_1 \tag{2.1} \\
x_2 &=& \ell_1\sin\theta_1+\ell_2\sin\theta_2, \ y_2 &=& \ell_1\cos\theta_1+\ell_2\cos\theta_2 \tag{2.2}
\end{align*}
\]
となる.これにより,運動エネルギーKは,
\[ \begin{align*}
K &= \frac{1}{2}m_1(\dot{x_1}^2+\dot{y_1}^2)+\frac{1}{2}m_2(\dot{x_2}^2+\dot{y_2}^2) \\
&= \frac{1}{2}(m_1+m_2)\ell_1^2\dot{\theta_1}^2+\frac{1}{2}m_2\ell_2^2\dot{\theta_2}^2+m_2\ell_1\ell_2\dot{\theta_1}\dot{\theta_2}\cos(\theta_1-\theta_2) \tag{2.3}
\end{align*}
\]
となる.

☆ポテンシャルエネルギーの基準について
どうやら,y軸を鉛直下向きにとって,糸l_1の始点を原点に取ると都合がいいようだ.
実際,(2.1)および(2.2)は水平右向きにx軸正方向,鉛直下向きにy軸正方向をとったときの座標変換となっている.
このとき,もちろんポテンシャルの基準は最高点になっているため,ポテンシャルエネルギーUは,
\[ \begin{align*}
U &=-m_1gy_1-m_2gy_2 \\
&= -(m_1+m_2)g\ell_1\cos\theta_1-m_2g\ell_2\cos\theta_2 \tag{2.4}
\end{align*}
\]
となる.

☆ラグランジュの運動方程式
上の(2.3)(2.4)より,ラグランジアンは,
\[ \begin{align*}
\cal{L} &= K-U \\
&=\frac{1}{2}(m_1+m_2)\ell_1^2\dot{\theta_1}^2+\frac{1}{2}m_2\ell_2^2\dot{\theta_2}^2+m_2\ell_1\ell_2\dot{\theta_1}\dot{\theta_2}\cos(\theta_1-\theta_2)+(m_1+m_2)g\ell_1\cos\theta_1+m_2g\ell_2\cos\theta_2 \tag{2.5}
\end{align*}
\]
となる.ラグランジュの運動方程式は,
\[ \begin{align*}
\frac{d}{dt} \left( \frac{\partial \cal{L}}{\partial \dot{\theta_1}}\right)-\frac{\partial \cal{L}}{\partial \theta_1}=0 \tag{2.6} \\
\frac{d}{dt} \left( \frac{\partial \cal{L}}{\partial \dot{\theta_2}}\right)-\frac{\partial \cal{L}}{\partial \theta_2}=0 \tag{2.7}
\end{align*} \]
で与えられる.各偏微分を計算して書き下すと,(2.6)は,
\[ \begin{align*}
(m_1+m_2)\ell_1^2\ddot{\theta_1}+m_2\ell_1\ell_2\ddot{\theta_2}\cos(\theta_1-\theta_2)+m_2\ell_1\ell_2\dot{\theta_2}^2\sin(\theta_1-\theta_2)=-(m_1+m_2)g\ell_1\sin\theta_1 \tag{2.8}
\end{align*} \]
となる.同様に,(2.7)は,
\[ \begin{align*}
m2\ell_2^2\ddot{\theta_2}+m_2\ell_1\ell_2\ddot{\theta_1}\cos(\theta_1-\theta_2)-m_2\ell_1\ell_2\dot{\theta_1}^2\sin(\theta_1-\theta_2)=-m_2g\ell_2\sin\theta_2 \tag{2.9}
\end{align*} \]
となる.ここで,運動は微小振動と仮定しているから,次の式が成り立つ.
\[ \begin{align*}
\sin\theta\simeq\theta, \ \cos\theta\simeq1 \tag{2.10} \\
\ddot{\theta}\ll\dot{\theta}^2\theta \tag{2.11}
\end{align*} \]
これを用いて(2.8)(2.9)を整理すると,次のようになる.
\[ \begin{align*}
(m_1+m_2)\ell_1\ddot{\theta_1}+m_2\ell_2\ddot{\theta_2} &=-(m_1+m_2)g\theta_1 \tag{2.12} \\
\ell_1\ddot{\theta_1}+\ell_2\ddot{\theta_2} &=-g\theta_2 \tag{2.13}
\end{align*} \]

☆さらに状況を具体化してみる
さて,ラグランジュの運動方程式を整理すると(2.12)(2.13)の連立微分方程式が得られた.
(2.12)(2.13)を,θ_1'',θ_2''について解くと,
\[ \begin{align*}
\ddot{\theta_1} &= -\frac{m_1+m_2}{m_1}\frac{g}{\ell_1}\theta_1+\frac{m_2}{m_1}\frac{g}{\ell_1}\theta_2 \tag{2.14} \\
\ddot{\theta_2} &= \frac{m_1+m_2}{m_1}\frac{g}{\ell_2}(\theta_1-\theta_2) \tag{2.15}
\end{align*} \]
となる.次に,簡単のためにm_1=m_2,l_1=l_2≡lの場合を考えると,(2.14)(2.15)は,
\[ \begin{align*}
\ddot{\theta_1} &= -2\gamma\theta_1+\gamma\theta_2 \tag{2.16} \\
\ddot{\theta_2} &=2\gamma(\theta_1-\theta_2) \tag{2.17}
\end{align*} \]
となる.ただし,γ≡g/l.これはさらに簡略化できて,
\[ \begin{eqnarray}
\left( \begin{array}{cc} \ddot{\theta_1} \\ \ddot{\theta_2} \end{array} \right) =
-\gamma \left( \begin{array}{cc} 2 & -1 \\ -2 & 2 \end{array} \right) \left( \begin{array}{cc} \theta_1 \\ \theta_2 \end{array} \right) \tag{2.18}
\end{eqnarray} \]
となる.よって,係数行列の固有値および固有ベクトルを求めることで,この運動の規準運動を得る.
係数行列の固有値および固有ベクトルを求めると,
\[ \begin{align*}
\omega_1\equiv \sqrt{2-\sqrt{2}}\gamma, \ \omega_2\equiv\sqrt{2+\sqrt{2}}\gamma \tag{2.19} \\
\Theta_1\equiv\sqrt{\frac{2}{3}}\theta_1+\sqrt{\frac{1}{3}}\theta_2, \ \Theta_2\equiv\sqrt{\frac{2}{3}}\theta_1-\sqrt{\frac{1}{3}}\theta_2 \tag{2.20}
\end{align*} \]
となり,
\[ \begin{eqnarray}
\left( \begin{array}{cc} \ddot{\Theta_1} \\ \ddot{\Theta_2} \end{array} \right) =
-\left( \begin{array}{cc} \omega_1^2 & 0 \\ 0 & \omega_2^2 \end{array} \right) \left( \begin{array}{cc} \Theta_1 \\ \Theta_2 \end{array} \right) \tag{2.21}
\end{eqnarray} \]
したがって,この微分方程式は容易に解けて,
\[
\Theta_1=A_1\cos(\omega_1t+\varphi_1), \ \Theta_2=A_2\cos(\omega_2t+\varphi_2) \tag{2.22}
\]
となる.(2.20)と(2.22)を用いてθ_1,θ_2について解くことで,質点1,2の運動が記述できた.

テーマ:物理学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2015/07/17(金) 06:22:16|
  2. 理系教科メモ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

プロフィール

SMIX

Author:SMIX
しがない大学生。
音ゲーマーです。その他諸々のゲームも嗜みます。
天文同好会で星見てます。

リンクフリー、ブロともフリーです。
詳しくはこちら↓

このブログについて
ポケモン育成リスト

▼メールアドレス
m2b.hrc.18sp5☆gmail.com (☆:@)

▼更新情報(2015.12.22.)
記事更新。 → 2015.12.20./2015.12.22.

▼ブログランキング
 
にほんブログ村 ゲームブログ 音楽ゲームへ

リンク

カテゴリ

日記 (276)

ゲーム (30)

ポケモン (45)

音ゲー (236)

ダンおに (28)

テレビ (12)

理系教科メモ (8)

ニュース (6)

動画 (13)

その他 (23)

未分類 (0)

タグクラウド


RSS

最新コメント

最新トラックバック

年別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

twitter

Powered by FC2

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。